副院長ブログ|大田区北千束で動物病院をお探しの方は北千束動物病院まで

〒145-0062 東京都大田区北千束2-26-4

診療時間・勤務医表
診療時間
9:00〜12:00
16:00〜17:45
勤務医師 五十嵐 笹井 五十嵐 笹井 五十嵐 五十嵐
休診日:火曜午後・水曜・祝日
☆ : 初診の方は17:30までの受付となります。
>>臨時休診などのお知らせは新着情報をご覧ください。
グループ病院
銀座ペットクリニック
芝浦ペットクリニック
  • 電話
  • メニュー

副院長ブログ

2月の診察のお知らせ

2020年1月31日

私事で申し訳ありませんが五十嵐は

1月31日をもちまして北千束動物病院を退職すこととなりました。

2月から3月中旬までは笹井院長が北千束動物病院での診察となります。

ご迷惑をお掛けしますが通院、治療中の患者様は笹井院長に引き継がせて頂きます。

7年間皆様の大切な家族を沢山診察させて頂きました。未熟で至らない点も

多々あったと思いますが、飼い主様と動物の幸せに少しでも貢献できていたら幸いです。

直接ごあいさつできなかった方にはこの様なお知らせになってしまい

申し訳ございません。

今後も飼主様と動物たちが幸せに過ごせることを心から願って言います。

短い間でしたが愛が党ございました。

五十嵐 聡

歯みがき勉強会開催しました!!

2019年7月27日

7月21日に北千束動物病院3Fで歯みがき勉強会を開催しました。

今年もデンタルケア商品を多く扱っているビルバックさんから講師を

お招きしてご講演して頂きました。

お暑いなか多くの飼主様に集まっていただき、盛況な開催となりました。

一番効果的なのはブラッシングですが、歯みがきペーストを口腔内に塗るだけでも

歯周病菌の増殖がある程度抑制されるそうです。デンタルケア商品の使い方を

一つ一つ紹介して頂きとても勉強になりました。

 

歯石がついていると血液を介して細菌が全身に広がり、心臓や腎臓に影響を与えます。

お口の中の環境を整えることが、ペットの全身の健康を保つことにつながります。

 

現在、北千束動物病院ではデンタルフェアを行っています。

通常よりもお得な料金で歯石除去が行えますので、ペットの歯石や口臭が気になる方は

是非この機会にご相談ください。

 

またブラックライトによる簡易的な歯石のチェックも行っています、実施させて頂いた方に

デンタルケア応援クーポンをお配りしています。ペットのお口の中を見たことがない方は

一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

犬にも花粉症はあるの?

2019年3月14日

スギ花粉が飛び交う季節になり、マスクやゴーグルが手放せない方も

多いのではないでしょうか?

この時期、くしゃみや鼻水が出ている犬がくると

『この子も飼主の私と同じで花粉症なのね』と言われることがあります。

犬にも花粉に対するアレルギー反応が起きますので、くしゃみ、鼻水がでることもあります。

しかしそれよりも多いのが皮膚の症状で、目の周りの毛がぬけたり、

肢先をしきりに舐めたり、耳を痒がったりします。

勿論、かゆみの原因にはアレルギーだけでなく、感染症や寄生虫など様々な原因がありますので、

気になる症状がある場合は一度、病院で相談してください。

 

犬のかゆみについてもう少し詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

 

https://犬のかゆみ.com

犬のかゆみ.com

ノミ、ダニ予防を忘れずに

2019年3月4日

ここのところ、まだ肌寒い日々が続いていますが、もう少し暖かく

なると桜がきれいに咲いて、愛犬とのお散歩も楽しくなる時期ですね。

愛犬とのお散歩を楽しくするためにも暖かくなったら、ノミ・ダニの予防を

しっかりはじめてください。

昨年も西日本の方ではダニが媒介する病気(SFTS:重症熱誠血小板減少症)の

報告が相次ぎました。先月の獣医内科学アカデミーでも多くの研究や報告が

ありました。ダニから人への感染だけでなく猫から人への感染も報告されており

今後も注意が必要な感染症です。

ペットそして自分自身を守るためにもノミ・ダニの予防はしっかりとして下さい。

当院では食べてノミ・ダニの寄生を予防するお薬もご用意しています。

春は何かといそがしい季節ですがこんなのに寄生されないように

注意してください。

ノミやダニについてもっと詳しく知りたい方はこちらを

犬のノミ・ダニ.com

腎臓食セミナー

2018年12月29日

12月の上旬にフードメーカーのHill’s社員の大迫さんに

「飼主さんのための腎臓食セミナー」を開催してもらいました。

なぜ腎臓用の食餌が大事なのか?腎臓用療法食が苦手な子はどうするか?

腎機能が低下しているときの手作り食は?などなど盛りだくさんの内容でした。

今回参加して頂いた方はご高齢のペットの飼主が多かったのですが、

腎臓は一度悪くなると元の機能にもどることはない臓器ですので

若いころからの心がけが大切なのでシニア期前のペットの飼主さんにも

参加して頂きたいなと思います。

腎機能が落ちても食べられるおやつや嗜好性の良い缶詰の食餌などもありますので

何かありましたらスタッフにご相談ください。

 

 

歯みがき教室開催しました!!

2018年8月30日

8月26日の日曜日にビルバックさんの小林さんを講師に迎えて歯みがき教室を

開催いたしました。

短い時間でしたが飼い主様と一緒にデンタルケアについて勉強が出来ました。

人と動物の口腔内環境の違いといった基礎的な事から歯みがきの仕方など

幅広く教えて頂きました。

一番大事なことは小林さん曰く

「手軽に楽しくできること!!」だそうです。

様々なデンタルケア用品が販売されていますので時間のある時、ない時などで

アイテムを上手に組み合わせて使っていくと長続きするそうです。

歯みがきの仕方がわからない、どの製品が自分のペットに合うかわからない等

ご質問があればお気軽にスタッフにご質問ください。

みんな勉強したことを話したくてウズウズしています…。

 

デンタルケアのすすめ

2018年7月13日

お家のペットに「口臭がある」「食事中にフードをよくこぼす」

「歯や顎をガチガチ言わせる」等の症状はありませんか?

心当たりがある飼主様のペットはもしかしたら歯周病が始まっているかも

しれません。

人の唾液と犬の唾液のは成分が違うため、人は虫歯になりやすく、

犬は歯石がつきやすいといわれています。歯垢が歯石になってしまうと

歯みがきでは落とせないので日々のケアが大切です。

家庭で出来るデンタルケアの方法は療法食、デンタルガム、歯みがきシート、

液体歯みがきと色々ありますが、一番効果的なのはブラシによる歯みがきです。

歯みがきは何歳からでも始められますが、高齢犬の場合はちょっと注意して下さい。

口腔内にトラブルがあると歯みがきをするときに痛みが生じる可能性が高く、

一度痛い思いをするとそこを触らせたくなくなり、歯みがきが続けられなくなる

事があるので、歯周病がある方はまず治療から始めてください。

   

スケーリング前                スケーリング後

 

7,8,9月限定でデンタルフェアを開催しています。気になる方は一度診察にご来院ください。

血圧計を導入しました

2018年6月19日

当院では今まで手術用のモニターで血圧を測定していましたが、

診察室や緊急時にも測定できるように小型の血圧計を導入しました。

音も静かでわんちゃんやねこちゃんへの不快感が少なく、

飼主様の前でリラックスして測定できます。

(中には飼主様がいると逆に大興奮のこもいますが・・・)

心臓病や腎臓病のこだけではなく、健康なこも定期検診のときにでも

計って見られてはいかがでしょう?

 

介護グッツお試し会を開催しました!!

2018年3月31日

ダイレクトメールでお知らせしたか「介護グッツお試し会」を

3月24日(土)に開催しました。

介護グッツはいざ必要になった時は当人?当犬?をお店に連れて行くことが

難しく、家でサイズを測って買ってきたらすぐに脱げてしまったりと意外と

大変なので、少し元気なうちから準備をしておくことをお勧めします。

今回は動物用品の販売をしているPEPPYさんのご協力のもと実施しました。

食餌のときに首の負担が少なくなる食器

滑り止めの靴下や歩行補助用のハーネス

介護マットの数々

を実施に試着したり、寝心地を試したりしてもらいました。

   

中でも当院看護師のおすすめが寝たきりになってしまった時用の床ずれ防止マット

「王様のらくすや」ベッド

 

2人ともまだ寝たきりでないので写真だと少し違和感がありますが

看護師曰く「伏せた状態で寝かせてあげられるし寝返りも楽に打たせ

られるので、このベッドはかなりおすすめ」との事です。

 

シニア教室開催しました。

2018年1月29日

1月28日(日)にダイレクトメールでお知らせした、シニア教室を開催しました。

今回はユニチャームの方を講師に、排泄、介護を中心にお話して頂きました。

寝たきりにさせないためのちょっとしたコツや介護用品の上手な使い方など

病院、獣医師の視点とは違う角度からの話題で勉強になりました。

講義だけでなく、途中には実験も入り、飽きずに聞けました。

歳をとるとどうしてもおしっこの量が多くなって、足裏が汚れたりする事ありませんか?

写真は同量の水をペットシーツに流したものですが製品によりこれだけ差が出るんですね。

シニア、介護というと少し暗いイメージになりますが

飼主様同士、情報交換をしたり、お互いの悩みを相談されたりして

楽しく、明るい勉強会でした。

今回は介護がメインの勉強会でしたがご要望があればマッサージやリハビリなど

第2回シニア教室も企画したいと思います。

今回の参加賞はバレンタインが近いのでチョコレートの包装紙に包んだ

関節用サプリメントサンプルセットでした。

1 2
ページトップへ