• メニュー

コラム|大田区北千束·洗足で動物病院をお探しの方は【北千束動物病院】まで

北千束動物病院・大田区北千束·洗足

tel.03-5734-0383

〒145-0062 東京都大田区北千束2丁目26−4

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00
勤務医師 市原 笹井(午前) 笹井 市原 笹井 笹井

初診受付は17:30まで 休診日:火曜午後・水曜・祝日
臨時休診などのお知らせは新着情報をご覧ください。

ACCESS & RESERVE
北千束駅より徒歩3分
洗足駅より徒歩4分 アクセスの詳細 WEB予約はこちら コラム

コラム

愛犬が突然の嘔吐!犬の嘔吐の原因と対処法

こんにちは。
大田区北千束・洗足・上池台・長原・旗の台エリアで動物病院をお探しの皆さま、「北千束動物病院」です。
 
さっきまで元気だったワンちゃんが、急に嘔吐をすると飼い主さまは心配になりますよね。
吐いた後にいつもと変わらないようであれば、しばらく様子を見るとよいでしょう。
しかしなかには、犬の嘔吐の症状によって、動物病院で至急の治療が必要となるケースがあります。
 
今回は、愛犬が突然嘔吐したときの原因と対処法についてお話しします。
 
 

犬の嘔吐の原因は?

犬の嘔吐は、回数も含めて吐いたときの様子によって原因には違いがあります。
吐いた物が、黄色い液体や白い泡の場合は、空腹が原因のひとつにあげられます。
吐いた後に、ワンちゃんが食欲もありいつもと変わらず元気であれば、しばらく様子を見てあげてください。
同様に、食べたフードや草などをそのまま吐いた場合も、ワンちゃんが元気そうなら大事にはいたらないと言えます。
 
ただし、何度も続けて吐いたり、少しでも震えていたりしていたら、すぐに動物病院で診察を受けましょう。
嘔吐の原因として、異物の誤飲や腎臓や胃腸の病気、感染症やアレルギーなどの可能性が考えられるからです。
 
吐いた物や状態の確認はもちろん、熱や下痢などの症状を併発していないかなどを含めて、ワンちゃんの様子をしっかりと観察することが大切です。
 
 

犬の嘔吐の対処法

嘔吐したものに、血や異物が混ざっている場合は注意が必要です。
吐しゃ物が茶色や赤色だと、胃の中や食道で出血していると考えられます。
異物が混ざっている場合は、誤飲の恐れがあり、体内に吐き出せなかった異物が残っているかもしれません。
 
また、何度も嘔吐を繰り返す場合は、風邪や胃腸炎を発症している可能性が高いと言えます。
以上のような症状が見られたら、すぐに動物病院で診察を受けましょう。
 
たとえワンちゃんが元気であっても、嘔吐した後は、なるべく静かに過ごし、ご飯は控える必要があります。
消化に良いふやかしたフードを、数回に分けて少しずつ与える方法がおすすめです。
嘔吐した後は水分補給が大切なので、スープたっぷりのフードもよいですね。
 
 

いつもと様子が違っていたら動物病院へ

ワンちゃんの突然の嘔吐は、飼い主さまを慌てさせます。
けれども犬は、私たち人間とは違い4本脚で歩くため、常に胃腸が地面と平行しており、吐きやすい動物とも言えます。
 
北千束動物病院は、完全予約制で診療を行う動物病院です。
ワンちゃんのからだに負担のない優しい検査方法で、嘔吐の原因を的確に診断して治療しています。
飼い主さまからみて、ワンちゃんの様子が少しでもおかしいと思ったら、お気軽にご相談してください。


大田区北千束·洗足・北千束動物病院

大田区北千束·洗足・北千束動物病院