副院長ブログ|大田区北千束で動物病院をお探しの方は北千束動物病院まで

〒145-0062 東京都大田区北千束2-26-4

診療時間・勤務医表
診療時間
9:00〜12:00
16:00〜19:00
勤務医師 五十嵐 笹井 五十嵐 笹井 五十嵐 五十嵐
休診日:火曜午後・水曜・祝日
>>臨時休診などのお知らせは新着情報をご覧ください。
グループ病院
銀座ペットクリニック
芝浦ペットクリニック
  • 電話
  • メニュー

副院長ブログ

トキソプラズマ症

2017年9月9日

日々の診察ではお目にかかることはほとんどありませんが、最近続けて飼い主様に質問されてトキソプラズマの資料を

見直すことがあったので簡単にまとめておきます。

 

トキソプラズマとは・・・

トキソプラズマは原虫(単細胞性の寄生虫)に分類される寄生虫でほぼすべて哺乳類に寄生します。

しかし、トキソプラズマに感染しても宿主の免疫系にすぐに排除されてしまいますので、多くは無症状

または非常に軽い症状しか示しません。その後、ごくわずかに生き残った虫体は筋肉や脳といった体の中で

シスト(虫体が集まったカプセル)を形成し、この状態で他の動物に食べられたり、宿主の免疫が低下するのを

じっと待ち続けます。ネコ科の動物に感染した時は他の動物と同じようにシストを体の中に形成するとともに、

オーシスト(トキソプラズマの卵みたいなものと思ってください)を便の中に排泄します。感染はシストや

オーシストが口に入ることによって成立します。しかしオーシストの排泄は一生に一回だけで数日から

3週間程度の期間のみみられます。

人に感染しても症状はほとんど表れませんが、妊娠時の感染は胎児に悪影響が出るため注意が必要です。

 

人への感染経路は・・・

①猫の便の中に排泄されたオーシストが口の中に入る。

・猫との過度のスキンシップやオーシストに汚染された花壇や砂場を触った後の手洗いが不十分な状態で食餌を

とることによって感染する可能性があります。

②シストが形成された生肉、加熱の不十分な肉を食べる(豚肉に限らない)。

・食肉検査でトキソプラズマのシストが一つでも見つかった個体のお肉は全廃棄になります。

・ローストビーフも中心部が67℃になるように加熱してあれば大丈夫ですが、ローストビーフの基本の考えは

肉の表面についた細菌の食中毒予防なのでトキソプラズマにはあまり意味がありません。

の2つの経路になります。

 

動物病院で出来る検査は・・・

動物病院で検査可能なのは猫のトキソプラズマ抗体の「陽性」か「陰性」になります。簡単に説明すると

陽性⇒トキソプラズマにかかったことがある、体内にシストをもっている可能性がある。

陰性⇒トキソプラズマにかかったことがない、体内にシストをもっている可能性はない。

ではどちらの猫が人、特に妊婦に危険かというと抗体「陰性」の猫になります。

抗体陽性の猫はすでにオーシストの排泄は終了していますし、仮にもう一度トキソプラズマに感染しても免疫によって

抑え込んでいる状態なのでオーシストの排泄はされません。

一方、抗体陰性の猫はごく最近にトキソプラズマに感染し、今まさにオーシストを排泄している状態か、今後

いつオーシストを排泄するかわからない状態の猫ということになります。

 

動物病院からのアドバイス

①飼い猫のトキソプラズマ抗体が陰性のときに注意することは

シストやオーシストを口にすることがなければトキソプラズマに感染することはないので、完全室内飼育で

生肉などを与えなければ心配ありません。

②生肉を含む手作り食をどうしてもあげたいときは

肉の深部まで-20℃以下で8時間以上冷凍するとトキソプラズマは死滅します。どうしてもあげたい場合は

この条件を満たす肉を購入するか自宅で薄切りにしてしっかり内部まで冷凍して与えてください。

③何日か屋外に脱走してしまった猫はすぐにトキソプラズマの抗体検査を受けた方が良い?

感染のタイミングで抗体の有無とオーシストの排泄の有無が関連しない場合があります。妊婦さんは猫との濃厚な

接触や排泄物の処理は避けてください。どうしても便を処理しなければいけない場合は排泄後すぐに処理することに

よってトキソプラズマへの感染を低くすることができます(便中のオーシストが感染できる状態に成熟するには

最低24時間必要だと言われています)。

④妊婦さんがいるけど新しい猫を迎えたい

妊婦さんのトキソプラズマ抗体が陽性と確認できているなら大丈夫ですが、陰性または不明の場合は避けてください。

⑤犬と猫を一緒に飼っているけど注意することは

猫が便にオーシストを排泄するともちろん犬にも感染の危険性はあります。しかし犬も感染したとして症状が

あらわれることはまれで、猫と異なり便中にオーシストが排泄されませんので人へ感染するこはありません。

念のため犬が猫の便を口にしない様に注意をしてください。

 

 

勉強会に出席してきました。

2017年8月13日

お休みを頂いた5、6日で膝蓋骨脱臼の整復手術の実習をしてきました。

整形外科に興味がある先生たちは男性の方が多いのかと思っていましたが

1/3の方は女性の先生で、少し驚きました。

2日間講義と実習でみっちりで、久しぶりに朝から晩まで講義を受けました。

膝蓋骨脱臼はプードルやチワワなどの小型犬に多く見られる関節の病気で

膝蓋骨(いわゆる膝のお皿)がずれてしまう病気です。

最初はたまーに肢を痛がる程度程度ですが、放っておくと将来的に肢が変形したり、

膝の靭帯を痛めやすくなります。

今回は膝の模型を使用し、膝の溝を深くする方法、変形してしまった骨をまっすぐにする方法、

靭帯の付着部位を正す方法の3つを行いました。

基本は普段、病院で院長が行っている方法と変わりありませんが、模型とはいえ術者と助手だと

勝手が違うものですね、院長の苦労が少しだけ実感できました。

 

(実習前の模型を撮影し忘れてしまい、変化がわからないかもしれませんが

膝のお皿がちゃんと膝におさまっています・・・)

いつも整形外科は院長に手伝ってもらっているので少しでも早く独り立ちしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

虫たちの季節です。

2017年6月22日

梅雨入りしましたが雨の日が少なく水不足かと心配していたら台風並みの豪雨だったり

今年も心配な気候になりそうですね。

心配といえば気温もだいぶ上がってきて、そろそろ虫たちも活発に動き出しはじめた様子です。

今年はフィラリアやノミ、ダニの予防はもうはじめて頂けていますでしょうか。

北千束動物病院は近くに公園が多いからなのか、ちょっと予防を忘れたら

ノミが付いてしまったという方がちらほらいらっしゃいます。

中には駆除薬を使ってもなかなかいなくならないという方も・・・

そんな方は家の中で次のようなサイクルが出来上がっている可能性があります。

(ノミを顕微鏡で観察するとこんな風に観察できるのですが、お腹に卵が入っているのが見えます)

発見できるノミは成虫で約5%といわれており、残りは卵や幼虫、蛹の形態で存在します。

卵の表面はつるつるしていて産み落とされるとすぐに地面に落下します、お部屋の中だとカーペットや

ペットの寝床に落下し、幼虫へと孵化します。そこで幼虫は成虫の糞などを食べて脱皮を繰り返し成長します。

さらに繭を作り、蛹になって、成虫へと成長し、またペットに寄生するという悪循環が成立します。

一度家庭内の環境に入り込むとなかなか駆除が大変なので予防が一番です。

 

当院では背中に付ける液状のタイプと食べて予防するおやつタイプの予防薬をご用意していますので、

予防がまだの方、休みに山などにお出かけする予定のある方はお気軽にスタッフにご相談ください。

 

ちなみに写真のノミは犬に寄生していたノミですがネコノミです。頭の形と髭の数が違います。

人に寄生することはほとんどありませが吸血はされるので気を付けてください。

 

 

 

熱中症について

2017年6月1日

梅雨もまだなのに夏日を記録する今日この頃。

ご承知の方が大半だと思いますが、本格的な夏が来る前にちょっと熱中症について書いておきます。

最近は屋内で犬を飼う方が多くなってきたのでそんなに熱中症になるの?って思われるかもしれませんが、

毎年人でもおきているように、風通りの悪い室内や車中で多く発生しています。

犬は人のように汗をかかないため、体温を低下させる能力が低く、熱が体内にたまりやすい動物なのでなおさらです。

また短頭種(鼻ぺちゃの犬種)や高齢のワンコや心臓病のワンコなどは呼吸困難をおこしやすく重症化することが

多くさらに注意が必要です。

もちろんならないように気を付けて頂ければ良いのですが万が一

 

  • 口をあけて舌を出してハッハッしている
  • 体がいつもより熱い

 

熱中症かな?と思ったら以下の処置を試してください。

 

  • 体を冷やす 霧吹きやホースなどで水を体にかけて風をあてる(気化熱で体温を下げます)             冷たいタオルを首の下、わきの下、股の付け根にあてる(太い血管の血液の温度を下げます)              ※氷水に全身を漬けたりすると全身の毛細血管が縮んでしまい熱が逃げにくくなります
  • 冷たい水を少量ずつ与える

 

応急処置を行ったがよくならない、または次の症状がみられる場合はすぐに動物病院へ連れて行ってあげて下さい。

 

  • ぐったりして周囲の呼びかけに反応が弱い
  • 痙攣をおこしている

 

熱中症は命に関わる病気です、お出かけするときには室温、換気、飲み水など暑さ対策をしっかり行い、

愛犬たちにも快適な夏を過ごさせてあげて下さい。

 

 

早食いには要注意!!

2017年5月20日

初めまして北千束動物病院の五十嵐です。

これから院内での日々の出来事や症例、飼い主様にちょっと知っておいて頂きたいことなど

書いていこうと思います。

最初は内視鏡の症例を。

夕方ご飯を食べた後から涎が出るとの事で来院、見たところかなりの量の涎が出ていたので、

急いでレントゲンを撮るとこのような感じでした。

見る人が見れば一目でわかりますが、食道にかなりの空気がたまっています。

ドックフード以外に何か与えたか伺ったところ、リンゴをデザートとしてすこし与えたとの事。

胃にもガスがたまりだしているので、詰まっているのは間違いないため麻酔をかけて

内視鏡で取り出すことになりました。

食道内のリンゴです。

噛まないで丸のみしたため食道の奥に詰まっていたのを鉗子で摘出して、

当日の内に元気に帰宅されました。

お昼とか時間がないとパッと食べてしまいますが、

ヒトもワンコも良く噛んでゆっくり食べないといけませんね。

 

 

 

副院長ブログ投稿です。

2017年3月30日

よろしくお願いいたします。

ページトップへ